信用情報機関のKSCにはどんな役割があるのか

債務の返済ができなかった時に、良くブラックリストに掲載されると言われます。
これに登録されると新たな借入れや、
クレジットカードの発行ができないと言った不都合が生じるわけです。

 

それではブラックリストを運用・管理しているのは誰かですが、
各銀行と言うわけではなくてKSC(全国銀行個人信用情報センター)をはじめ、
三つの信用情報機関が担っています。

 

 

他にCIC・JICCを加えて合計三種類の信用情報機関がありますが、
その違いは運用団体だけにとどまらず、
加盟している金融機関にも違いがあるのです。

 

中でもKSCは全国銀行協会(JBA)が手掛けている団体ですので、
メガバンクを筆頭に地銀や信用金庫なども加盟しています。

 

それではKSCにはどんな役割があるのかですが、
銀行が発行しているクレジットカードの利用者や、
銀行のローン使った方の信用情報を取りまとめていくのが基本的な内容です。

 

利用した時点で信用情報として蓄積していき、返済の不履行があれば、
その事実も掲載していきます。これがいわゆるブラックリストに登録されたと言う状態です。

 

 

KSCのブラックリストに登録された場合は、
基本的に銀行ローンやクレジットカードは、新規加入・作成は難しくなります。

 

一般的には不可能と考えても良いでしょう。
掲載されている内容は本人申告情報の他に、取引情報や官報情報も含まれます。

 

官報の内容も入っているため、自己破産などでこちらに掲載された場合は、
金融機関もチェックできるわけです。

 

 

これらの内容が掲載される期間は各信用情報機関によって異なりますが、
KCSは自己破産や個人再生をした時の情報が長く掲載されるのが特徴です。

 

両方とも10年間掲載されるようになっており他の信用情報機関の倍となっています。
任意整理については掲載されませんが、
他の媒体をとして銀行がチェックできることもあるようで、
この場合も貸し付けなどには不利に働くでしょう。

 

 

なおKSCには他にもいくつかの役割があります。
各銀行の経営や社会貢献に役立つような内容が多いです。

 

例えば決済システム等の改良や金融犯罪への対応などが業務内容に含まれています。
他にも税制の改正の要望を出したり、
公的金融に関する諸問題に対して提言を行うこともあります。

 

このように信用情報機関として一般消費者のブラックリストを管理する以外にも、
銀行の経営やその利用者に役立つようなブラック融資
を行うことも役割と言えるでしょう。