延滞などの事故情報は信用情報機関に掲載されます

ローンの審査の際に影響を及ぼすものとして、
信用情報と呼ばれるものがあります。

 

これは消費者金融からのローンだけではなく、
住宅ローンなどの審査にも影響を及ぼす可能性があるため、
十分な注意が必要です。

 

借金を返済することができないままだと信用情報機関に掲載されることになり、
生活に少なからず影響を及ぼすことになるでしょう。

 

どのようなものであるのかを正確に把握することで、
生活への支障をできるだけ軽減し、
必要とあらばアクションを起こしやすくもなります。

 

 

そもそも信用情報とはどのようなものなのかというと、
信用情報機関に登録される個人の支払い能力に関する情報をまとめたものとなります。

 

ローンの利用やクレジットカードの作成、ローンで支払う買い物などの際に、
支払い能力を判断するために必ず参考にされるものです。

 

賃金情報により、返済能力を超える貸し付けは禁止されています。
そのため信用情報機関に掲載されている情報を確認して、
返済能力の有無を確認するのです。

 

 

一般的に信用情報機関には三つの種類のものがあり、
一つ目がCICと呼ばれるもので、これは信販、クレジットカード業社が中心です。

 

JICCは消費者金融業者、クレジットカード業者が中心となり、
KSCは銀行や銀行系ノンバンクが中心です。

 

 

このようなものを利用する際にブラックリスト入りなどという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、延滞や債務整理などの事故情報の登録があった際にブラックリスト入りということになります。

 

実際にブラックリストと呼ばれるものは存在しませんが、
ブラックリストに入るとその後新規の賃金取引きやクレジットカードの取引きができなくなる可能性が高まります。

 

 

 

いわゆるブラックリスト入りになると、生活にも様々な影響を及ぼすことになります。
まず消費者金融へ新たな借り入れができなくなってしまいます。

 

カードの場合には、借入限度額まで利用していなくても、
限度額が引き下げられ借り入れは不可能となるでしょう。

 

またローンやカードの申し込みもできなくなります。
特に世帯全体でローンやカードの申し込みが必要な場合には、
家族が申し込みができないかどうかを検討するようにしましょう。

 

そして所持中のカードも使用停止になる可能性があります。
家族が利用している家族カード、ETCカードなども停止される可能性があるため注意しましょう。

 

カードによる公共料金の引き落とし、
携帯電話料金などの支払いもできなくなる可能性もあります。